マック オンラインゲーム

マック オンラインゲーム

「……いたい」「だったらもっと早く言え

こうなるまで放置したのは誰だ」「わたし……」 右腕の鎖骨下から肘の外側へと向くよう長い切り傷があった

先ほどまで服の内側に接着されていたのか、かさぶたが剥がれて血液が再び流れ出す

「衣服を切らずに〝中〟を斬ったか

マーデの手際だ、さすがに馬鹿二人に傷を負うほど鈍っちゃいねえらしい」「――……いたい」「泣くな」「ないてはないけど」 消毒液を面倒くさそうに流し、まるで腕を浸すように濡らす

あなたも好きかも:ジャックポット パチンコ
そこらの雑菌ではこの女を痛めつけることができないと、それでもまあ一応はやっておくかと、そういう仕草だ

「腹部の打撲は?」「へーき

あなたも好きかも:ささみ さん スロット
……あぐっ」 包帯を巻いてから問うと安易な返答があったので、左の脇近くを指で押すとやや海老反りぎみに妙な声を出した

「お前……また不摂生してるな? ビタミンと鉄分、あとこの鈴蘭の刺繍だけはどうにかしろ

俺に対する当てつけにしか思えん」「……好きなんだもん」「またガキみてえな――」 続いて両足を露出させ、湿布を張った上にテーピングで足首を固定し、更に包帯を巻いていく

手馴れた動作だが、まあ、当然のことだろう

「ベルはよく気付いたわね

あなたも好きかも:パチンコ marukame
昨夜から一緒だったのでしょう、五六は?」「いえ、私には何も……」「隠してたんだから気付かなくて当然だ」「けれどベルは気付いたのでしょう?」「ああ

コイツが隠すことはそう多くない

たとえばこっそり俺のセーフハウスにお邪魔して、俺のいない時に酒棚を漁って五本ほど飲んだ挙句に、中身のあるビンを手前にして一夜を明かした後に痕跡を残さず消えたり、着替える服がなくなったから俺の名義で電話して特注で作らせたのを、ロシアの山奥まで運ばせた上で、支払いを俺に押し付けてオーストリア付近まで逃げてみたり、俺の車を勝手に使おうとしたらレインに挨拶された挙句に、ドライバーズシートに正座させられて六時間の説教を聞かされて半泣きになったり」「な、なんで知ってるの

かくしてたのに」 ねえ、ねえとベルの肩を叩く零だが当人はため息を落とすだけだ

子供の悪戯に――まあ内容は子供じみていないようだが――いちいち気にしていたら疲れるだけである