エヴァンゲリオン スロット 設定判別 魂

エヴァンゲリオン スロット 設定判別 魂

 宿の一室を予約した後、アザミの学習のために市井に紛れる

旅の道中でも、市場などに集う人間の種類は多く、得られる情報も多い

 人と人の会話も状況によって千変万化する

 アザミには必要な教材となっていた

あなたも好きかも:パチンコ ガリバー大東店
「パパ、あの人…………猫だ」「亜人種だ」「人なの?」「ああ」「色んな人がいるね」「世には人に似た姿の怪物やら、怪物の姿になっちまった元人間もいる」「パパは物知りだね」「そうかい」 アザミは微笑んで市場の景色を眺めた

 タガネはその表情に、どこか安心感を覚える

 兵器としてのアザミ

 それは『人間』とともに、心までも失われたのかと最初は考えた

 学習が進んでも感受性までは育まれず、ただ知識だけを蓄積し、兵器としての己の機能のみを全うするために感情は排除された状態ならば命名も学習も意味がない

あなたも好きかも:井上真由子 スロット
 アザミは『人間』として成長している

 このままいけば、いずれは――

「パパ」「うん?」「パパ」「どうした」「呼んでみただけ」 その行動にタガネが絶句する

 よもや

 あのアザミから悪戯を受けようとは! 驚愕でしばし思考が停止した

 先刻のやり取りは、まるで仲睦まじい親子の一幕のようだった

 二月前の彼女からは想像もつかない