パチンコ・ゴブリン

パチンコ・ゴブリン

あなたも好きかも:スロット 春日
「まあしかし、一筋縄ではいかないようですな」「はい?」「この船……タズマウには、わたしと同じく使徒への転生を果たしたものたちが眠っていました

彼らは、わたしとともにマウアウ様の使徒となることで、陛下に助力しようと考えていたのでしょう

わたし同様、なんとも愚かで浅はかですが、マウアウ様は、笑って許してくださった」「そうだったのですか……」 レムは、サグマウの告白に驚きを隠せなかった

リグフォードだけでなく、メリッサ・ノア号の船員たちの多くもまた、使徒へと転生していたというのだ

レムたちと再会したあのときに話さなかったのは、できれば隠して起きたかったからなのだろうが

「彼らの多くはフイグマウ――海の兵士となり、一部は、海の騎士ダンマウとして、わたしとともにあるのです

その彼らを使い、分霊への先制攻撃を試みたのですが……」 サグマウが険しいまなざしで前方を見遣れば、彼の視線の先の壁が透き通り、タズマウの進路上、水中の光景がはっきりと見えた

タズマウの構造がどうなっているのかなどという疑問は、遙か前方で繰り広げられている水中戦を目の当たりにした瞬間に吹き飛んでいる

何十、何百という異形の戦士たちが水中を超高速で移動しているようなのだが、それらが味方であり、敵の攻撃を受けているらしいということが把握できる

それもこれも、レムの視力が様々な恩恵によって強化されているからだ

 フイグマウと呼ばれる兵士たちも、ダンマウと呼ばれる騎士たちも、サグマウを一回り二回り小さくし、多少変化を加えたような外見をしているらしく、そのおかげで味方であると判別できたといっていい

あなたも好きかも:千葉県 馬橋駅 パチンコ
フイグマウ、ダンマウの姿が、彼らの敵するものと紛らわしい姿をしていれば、混乱したに違いなかった

「白い方々が……フイグマウ様にダンマウ様、なのでございますね?」「ええ