がろう ごーるどすとーむ パチンコ 保留

がろう ごーるどすとーむ パチンコ 保留

ここで子守をしていてやる」「子守…………」「お前だって、蜘蛛が出てる中で置き去りは嫌だろうが」「くっ、アルテアさんに子守を許可します!」不本意ながらにきりりと頷いたネアの頭をふわりと撫でて、ディノはもう一度言い含めた

「ネア、この椅子から離れてはいけないよ

いいね?」「はい

安全なところで待っていますね

ところで、可動域はこの椅子だけなのでしょうか?軽く腰を上げるくらいは大丈夫ですか?ケーキをお代わりするかもしれません」「うん、この椅子だけだ

腰を上げても、椅子の位置から離れなければ問題ないよ

あなたも好きかも:神輿 スロット 解析
……アルテア、私を不愉快にしないようにね」「わかったわかった

そろそろ行かないと、近付いて来てるぞ?」「ディノ、事は一刻を争います!」「うん

すぐに掃除してくるからね」そう言うなり姿を消したディノを見送って、ネアはふすんと鼻を鳴らした

あなたも好きかも:パチンコ サブちゃん ボーダー
やはり一人で厄介なものに向かわせるのは心が痛むし、戻って来なかったらどうしようという不安がある

「………で、俺に何をして欲しいんだ?」「むぅ、とても悪い顔をしているので、アルテアさんを相棒に選んだことを後悔しかけています」「相互間守護から呼びかけておいて、今更迷ってる場合か

すぐに帰ってくるぞ?」「……明日の夜、ディノをお留守番にして夜雲雀を狩りに行くときに、一緒に来てくれますか?ディノが夜雲雀集めを邪魔しようと思うかどうかを確認したいので、それに気付いてくれる方が必要なのです」ネアがそう言えば、アルテアは微かに呆気に取られたような目をした

しかし驚きを表情に出したのはほんの一瞬で、ゆったりと微笑みを深めた美貌は、まさに人を惑わせる悪しきものそのものの美しさである

「ほお、随分とシルハーンを警戒しているんだな」「私の推理では、戻り時の妖精さんの毒を無効化しない、或いは戻された心の時間を止めたままでいるのは、どうやらディノ自身のようなのです」「………だろうな

理由はわからんが、理の呪いのようなものが絡んでない以上、万象を持続して損なえる可能性があるのはあいつ自身しかない」ネアは少しだけ目を伏せた

やはり、アルテアも気付いていたようだ

ディノの様子を見ている限り、そうされている理由は決してネアを損なうようなものではないのだろう

ちょっとした気紛れや、或いは記憶を失ってみて何かそうせざるを得ない理由があったのかもしれない