ネットカフェ オンラインゲーム インストール

ネットカフェ オンラインゲーム インストール

これまでの炎とは比較にならない太陽のような熱量だ

完成すれば、全員が死ぬ

 その一瞬一秒を争う殺し合いの中、仲間の意見を聞くならばまだしも、裏切り者の話を聞く? ――ありえない

狂ってる

 しかし、その異常が『次元の理を盗むもの』相川渦波だった

 その姿を前に、ティーダも混迷を極め、堪らず叫ぶ

あなたも好きかも:駐車場 パチンコ 江東区
「う、嘘をつけ……! 嘘を、つけぇっ!!」 誰よりも信頼を疑っている『闇の理を盗むもの』は、同類である『次元の理を盗むもの』の信頼を問いただしていく

「信じられるものか! 私のような卑怯者を信じられるやつなど、この世にいない! おまえの信じてるという言葉っ、本音のはずがない! 私にはわかるぞ、カナミ! おまえには、まるで中身がない! 口にする綺麗事は、全て借りものばかり! その胡散臭い表皮(かわ)の下で何を考えている!! まず、それを私に聞かせろ!!」 ロミスと違って、ティーダは師匠の本質を見抜いていた

あなたも好きかも:パチンコ 認定機 一覧
 その心の奥底を見せなければ、決して『信頼関係』はありえないと宣言する

 その要望を聞き、師匠は即座に返答していく

「ティーダ……

たぶん、僕も君と同じなんだ

僕も生きるのが怖くて堪らない」 話を聞くと言ったものの、時間は惜しいのだろう

 ロミスが太陽を生む前で、師匠は飾った言葉を考えることなく、ありのままの本心を吐く

まさしく、それはティーダが最初に求めていた咄嗟の答えだった

「この闇の中は何も見えなくて……暗くて暗くて暗くて、どこに行けばいいか、ずっと僕はわからない……

だから、僕は自分の中にある『理想』ってやつを、信じるしかないんだ

そこに向かう以外、僕にはもう……、何もないから……」 私には、よくわからない返答だった