パチンコ vシネマ

パチンコ vシネマ

「それで? これは一体なんだ? いや、食べ物だということはなんとなくわかるが」「うーん

それはできてからのお楽しみで

まあ、上手くいくかどうかも分からないしね」「そうか

あなたも好きかも:ブラックジャック その言葉を聞きたかった アニメ
それなら楽しみにしておくか」 考助がにんまりと笑いながらそう言うと、フローリアはあっさりとそう返した

 食べ物の場合、口で説明を受けるよりも実際に食べた方が早いということは、これまでの経験からもよくわかっているのである

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ そんなこんなで初めて梅干しを漬けてから一週間ほどが経った

 初めて漬けた梅は、しっかりと天日干しを終えて、考助にとっては懐かしい匂いを出すようになっていた

あなたも好きかも:嘘喰い パチンコ 曲
 少なくとも見た目は満足が行く結果になったことに、考助は満足げに頷きつつ慌てて保存用の容器へと仕舞い始めた

あなたも好きかも:秋葉原 パチスロ 2ch
 そして、最後の一個を残して全ての梅干しを仕舞った考助は、残した梅を手に取って、さっそくとばかりにそれを口に放り込んだ

「ん~~~~~~・・・・・・!!!?」 梅干しの独特の酸っぱさを舌で感じ取った考助は、思わず身を縮めた

「コウスケ・・・・・・!?」 横でそれを見ていたフローリアとシルヴィアが、少し驚いた顔になっていたが、考助はそれに構わず続けて言った

「酸っぱい! でも、美味しい! 初めてにしては上出来上出来

これは何か月か後が楽しみだねえ」 先のことを考えて、考助はにんまりと笑った

 その反応を見ていたフローリアは、首を傾げながら考助に聞いた

「酸っぱい物なのか、これは?」「まあ、そうだね

・・・・・・あ、食べるのは構わないんだけれど、好き嫌いがはっきり分かれる物だから、そんなに無理して食べなくてもいいからね

最初は少しだけ食べたほうがいいかもね」 早速、容器に手を伸ばそうとしているミツキとシルヴィアに、考助はそう釘を刺した

 これまで教えてきたものとは違って、梅干しが癖の強い食べ物だということは、十分に理解しているのだ