パチンコ 沖7 セグ

パチンコ 沖7 セグ

その頃には優樹の悲鳴にビックリした通りがかりの生徒たちが集まり、「どうしたのっ?」と声を掛けて来る

「見なかった!? 痴漢がいたの!!」「うそ!? えっ、見てないよ!」「誰か先生に伝えて!!」 和美の険しい表情に生徒の数名がバタバタッ、と走っていく

外気の風が体を更に冷やし、優樹はブルッと震えて「……クシュンッ」とくしゃみをした

「っと、ねぇっ」 和美は野次馬の女生徒に目を向けた

「奉仕屋って知ってるっ?」「あ、はいっ」「そいつらが今、体育館の裏に団体でいるから、高等部の医務室に来いって伝えて来て!!」 怒鳴るように言われて、生徒は慌ててそこへと走っていく

あなたも好きかも:psp ペルソナ カジノ
和美は震え上がる優樹の肩をギュッと抱きながら、「行こうっ」と急いで医務室を目指した

「優樹!!」 ドタドタッ!! と狭い医務室にみんなが入り込み、「あ、こらこら

あなたも好きかも:津新町 パチンコ
騒がないで」と、デスクワークをしていた女医が呆れるような顔で振り返った

「優樹は!?」「ここよ」 室内の隅、カーテンで仕切られたそこから和美が顔を覗かせ、女医はカーテンの中を覗き込み、「いーい?」と声を掛けてからカーテンを開けた

ベッドの上、毛布で背中から体を包み座り込んでいる優樹が現れ、みんなが近寄った

「大丈夫っ?」「優樹ぃーっ」 生美と華音がすぐにベッドに近寄った

あなたも好きかも:関内 パチンコ 換金率
「だいじょぶ優樹っ? 寒くないっ?」 ベッドに乗って心配げに体を引き寄せ抱きしめる華音に、優樹は少し情けなく笑った

「だ、大丈夫だよ、華音ちゃん

……ごめんね、心配させちゃって」「かのん、一緒に行けばよかったぁーっ」「……ありがとう、華音ちゃん……」 後悔にも似た声を上げて、暖めようと毛布の上から腕を動かして摩擦する華音に、優樹は笑みをこぼし、力を抜いて目を閉じた

 生美は、華音にもたれる優樹の濡れている髪を触って女医を見上げた

「ドライヤーはないんですか?」「今、持って来てもらってるから」 カーテンを端でまとめながら答えられ、生美は溜息を吐き、華音が摩擦する優樹の体を見て、また女医を見上げた

「服は?」「代わりの制服を探してもらっているんだけど、彼女、小柄だからサイズがなくて